血糖値とポリフェノールの関係とは?

血糖値とポリフェノールの関係とは?とは

血糖値とポリフェノールの関係とは?

血糖値とポリフェノールの関係とは?ポリフェノールは高血糖の原因らしいです!

 

と、言っても、ポリフェノールを摂取することが高血糖を招くわけではございません。その反対です。

 

そもそも、ポリフェノールは健康成分の代表的なひとつです。

 

ポリフェノールは植物の含有成分で、光合成で生成される色素や苦み成分でもあります。ひと口にポリフェノールといっても、5,000種以上もあると言われており、いずれにしても健康に関わるとても嬉しい働きを持っています。

 

主に、抗菌作用や抗酸化作用に優れていることで知られていますが、その他にも血圧の降下やストレスの抑制、肝機能アップなどなど、さまざまな健康効果があるとされています。そして、糖質の吸収を抑える効果があるとされています。

 

血糖値の改善に良いポリフェノールとは、代表的なのが「海藻ポリフェノール」です。海藻ポリフェノールには、糖質分解酵素を阻害する働きがあり、血糖値を下げることに役立ちます。

 

また、「アカシアポリフェノール」や「柿ポリフェノール」にも、同様に血糖値を下げ、糖尿病を防ぐ効果に期待できます。

 

その他、緑茶に含まれるカテキン、イソフラボン、アントシアニン、クロロゲン酸などの種類も高血糖の方、必見です。これらのポリフェノールにも、血糖値を下げたり、安定させる働きがあるとされています。

 

いずれも食品から摂ることができますが、十分に補うためには食事のみでは限度があるため、サプリメントで補給するなどの方法が効率的な手法として紹介されています。