高血糖の薬物療法とは?薬の種類とは?

高血糖の薬物療法とは?薬の種類とは?とは

高血糖の薬物療法とは?薬の種類とは?

高血糖の薬物療法とは?薬の種類とは?血糖値が非常に高い状態「高血糖」になると、状態によっては薬物療法が必要になります。

 

食事の制限などと共に、並行する形で薬を使っていく治療です。

 

いわゆる「血糖降下薬」といって、文字通り血糖値を下げる薬を服用します。糖質の吸収を抑えたり、糖分の代謝を促進するもの、インスリンを活発にさせるなどの働きを持つ薬の総称です。

 

さて、この血糖降下薬にはいくつか種類があります。

 

@α-グルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ、ボグリボースなど)

食前に服用するタイプの内服薬で、食物繊維と同様な働きをみせ、糖の吸収の抑制と食後の血糖値の上昇を防ぐ効能があります。血糖降下薬の中でも比較的、やさしい薬です。

 

Aインスリン抵抗性改善薬(アクトス薬)

インスリンに直接働きかけ、血糖値を下げる効果に優れています。食前または食後に服用するタイプです。

 

Bスルフォニル尿素薬(アマリール、パミルコン、オイグルコン、グイアグリコ薬など)

すい臓から分泌されるインスリン量を増やす効能のある薬です。ただし、服用を続けるうちに効果が下がるのが欠点です。

 

Cビグアナイド薬(メルビン、グリコラン、ジベトスB薬など)

食欲を減退させる作用があり、肥満からくる高血糖に有効なタイプです。

 

このように、血糖降下薬にもさまざまな種類があり、個人の状態に合わせて使い分けられます。