血糖値を定期的に測ろう

血糖値を定期的に測ろうとは

血糖値を定期的に測ろう

血糖値を定期的に測ろう皆さんは、今現在の血糖値を知っていますか。血糖値が高くなっても、低くなっても、身体にとって良くありません。定期的に測定し、血糖値の安定をはかりましょう。

 

そもそも血糖値とは、血液中のブドウ糖の量をあらわしたものです。多い分だけ血糖値が高くなり、糖尿病のリスクが上昇します。

 

血糖値は基本的に健康診断や、内科で検査することができますが、最近では自分で測定できる血糖値測定器も市販されています。

 

針を指に当て、採血したものをチップなどに吸収されて測定されます。酵素のグルコースオキシダーゼが、血中のブドウ糖に反応し、血液中のブドウ糖の濃度、つまり血糖値が測定されます。

 

すでに健康診断で血糖値が高めと診断された方をはじめ中高年の皆さまには、健康維持のためにも、定期的な血糖値の測定をおすすめします。改善していくにあたっても、数値を把握していることで、自分のモチベーションもあがりますし、血糖値の安定を維持することが容易になります。

 

ちなみに、血糖値というのは空腹時と食後では大差出てくるものなので、起きてすぐと食後2時間後に測定すると平均的な状況を調べられます。毎日なるべく同じ時間に測定することで、変動も分かりやすくなります。